糖尿病の予防には血糖値を上げないこと

糖尿病の予防には血糖値を上げないこと

糖尿病の予防には血糖値を上げないこと

血糖値は食事をすると上昇しますが、しばらくすると元に戻ります。血糖値の上下の変動が激しいと糖尿病のリスクが高まるため、急激な変動だ内容に意識することが重要になります。欠食や過食は血糖値の急激な変動を助長します。食事は1日3食を、主食、主菜、副菜を整えることが大切です。食事の間隔は4時間から5時間以上空けて、決まった時間に食べることで血糖コントロールを良好にすることができます。また、1食のエネルギーが極端に多くなったり、逆に少なくなったりしないようにすることも大切です。

野菜や海藻、キノコ類などに含まれる食物繊維には、食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きがあり、毎食1皿から2皿取るようにします。また、食事の最初に食べることで食後の血糖値の上昇が穏やかになり、食べ過ぎの予防にもなります。早食いは食べ過ぎの原因になり、食後の血糖値も高くなりやすくなります。食事は最低でも20分位はかけて食べるようにし、ゆっくりよく噛むことが大事です。